TCKのポジティブ!!

先日、TCK(サードカルチャーキッズ)についてのポストを投稿してから、少しいけないことをしてしまったかもしれないと思うようになりました。

なぜかというと、どうしてそう思ったかよくわかりませんが、自分の頭の中では、そのポストは他のTCKやTCKと関わりのある人が読むだろうという気持ちで書いたからです。

後から、私のブログを読んでいる人は、そうでない人もたくさんいることを思って、しまった!望ましくない印象を与えたかもしれないと思いました。

そのことを正したいと思って、これを書いています。

どういうことかというと、先日のポストはかなりネガティブなトーンで書いてあったことを、後から気付きました。

それはなぜかというと、TCKが読むだろうと思って、書いていたからです。

TCKはTCKの良さを、言わなくてもわかるのです。

第3の文化、サードカルチャーキッズとして育つ子どもは、本当に多くのベネフィット(利点)があります。

いいことが山積みあって、ありすぎて、もう、語れないぐらいです。 続きを読む

インターナショナルスクールのリユニオン

高校時代にドイツのデュッセルドルフにあるインターナショナルスクールに、1年間だけ通いました。3月末に渋谷で開催された同窓会に行ってきました。高校時代と言っても、日本でいうと中3だったし、1年間しか通っていなかったし・・・。同窓会と言っても、一緒に卒業したわけでもないし、対象は3学年にわたる人たちだったし、実際の出席者は6学年ぐらいの人たちだったし、配偶者と一緒に来ていた人もいたし・・・と、要するに、最初からとても日本的ではないリユニオン(「Re + union=再び結合する」)でした。私は1987年に高校を卒業したので、Class of ’87の一員としてこのリユニオンに参加しました。

AISD Reunion-0

私は10才から15才までドイツに住んでいましたが、小学校5年の時から中2の時までは米軍所属の学校に通いました。キンダーガーデンから中2まで125人の生徒しかいませんでした。複式で、私の中1の時の同級生は私を含めて4人でした。この軍所属の学校には高等部はなかったので、中3(アメリカの高1)以上の子どもたちは片道90分のバスに乗って、デュッセルドルフにあるAmerican International School of Düsseldorf (AISD)に通うことになりました。(1986年に「American」を取って、ISDだけになりました。)私が通っていた1983-84年には、流動的でしたが、高等部では、1学年に40人前後いました。

住んでいた環境が、よくある「有刺鉄線に囲まれている米軍基地」とは違って、イングリッシュオンリーで生活しようと思えばできていたものの、やることが少なかった田舎の基地で、常に刺激を求めていた私はドイツ語を学び、町に出て買い物をしたり、自転車で探検したりするのが大好きでした。学校もとても小さかったです。複式だったので、4年間、学校においては知的刺激があまり与えられないままの生活でした。 続きを読む

TCK: サードカルチャーキッズ

[ 必ずこのポスト:TCKのポジティブ!とセットで読むようにお願いします。 ]

大学時代の話です。数十人しかもらわない、名誉な返済不要の奨学金の受賞者のための歓談会で、宣教師の子どもとしてガーナで育った女性と話をしていました。子どもの頃、5年間ドイツに住んだことがあるというと、

「あっ、じゃあ、あなたもサードカルチャーキッズなのね。」と言われました。

私:「?!?」

新しい友だち:「親の国でない国で育った子どもが、その国でもない、また、自分の親の国でもない文化を身につけたり、その中で育つので、第3の文化、サードカルチャーの文化の子どもになるから、こういう呼び方をするんだよ。」

初耳だったけどかなり納得。けれども、とても長い間、この会話以外、あまりサードカルチャーについて考えたことがありませんでした。

17年間早送り・・・ 続きを読む

小学校での授業&卒業式

少し前に、新城小学校でのボランティアとして、今年度最後の授業がありました。

ふだんは、「外国語」の授業は、教室の中で、それぞれの組に教えに行っています。月一回程度行っていますが、いつもはカリキュラムから少し外れた、きれいな発音の指導や英語の読み方のコツ(フォニックス)を教える他に、自己紹介(「2年間もやっているから、これだけ自分について言えるようにならないと恥ずかしいよ!」)の暗唱、そして発表をさせています。その中で、「間違っているとしても通じる」ものは極力直さないようにしています。その日の全員の発表が終わってから、「これとこれとこの言い方は間違っていたけど、敢えて直さなかった。気づいた人いる?なんで直さなかったかというと、通じるからだ。中学校に行ったら、このまま言ったりテストに答えたりすると点がもらえないのは確かなんだけど、英語をしゃべる人としゃべっている分には通じるから、大丈夫、とにかく自分の知っている英語を、自信を持ってしゃべってね!」と、いつも指導しています。 続きを読む

「新城中部今昔物語」に行ってきました

先週の日曜日に、「しんしろ城下町の会」が開催した展示会と講演会、「新城中部今昔物語」に行ってきました。明治・大正時代、そして昭和時代の写真がたくさん展示してあって、とても興味深かったです。

昔の写真と、現在その場所がどこなのかが比較できるようになっていたものが多くて、とてもわかりやすい展示になっていました。 続きを読む

懐かしい & 有意義

先週は、とても懐かしい場所に行って、とても有意義な時間を過ごすことができました。

それは、国際ロータリークラブの定例会でした。

心より感謝しています。

なぜ懐かしかったかというと、私が1987年に初めて日本に来たのは、ロータリー青少年交換の留学生としてだったからです。要するに、ロータリークラブというものがなかったら、今の私はないということです。また、ロータリーの留学生は、定期的に定例会に出ることになっていますので、定例会そのものが懐かしかったのです。

有意義だったと思いたいのは、ロータリーのメンバーに、自分たちの留学機関がこのような人間を産んだ、ということを少しでも示すことができたらよかったなぁと思って、お話ししました。 続きを読む

市民まちづくり集会でのプレゼンテーション

1月24日(日)の午後に「市民まちづくり集会」に参加しました。参加者全員がテーブルを囲んでディスカッションをする市民まちづくり集会には初めて参加しましたので、とても楽しみにしていました。外国人として、ここで生まれ育った人には気づかないところが目にとまりますので、10分間のプレゼンテーションを頼まれました。「知らなかった新城、気づかなかった新城」と題して、新城がこの20年間でどう変わったか、そして昨年女性議会で提案した議題、新城の中心街を「昭和街(しょうわまち)」にするというアイデアを、より具体的、そして行政向きにではなく、一般市民向きに少し趣向を変えてプレゼンしました。(一つ前のポストでその原稿を読んで、パワーポイントのスライドショーとして紹介した写真を見ることができます。) 続きを読む

新城市「昭和街」の夢:プレゼンテーションの原稿

みなさん、こんにちは。今日は、新城という町について考えていただきたいと思います。まずは、これらの共通点は何でしょうか?

四谷の千枚田       軽トラ市         百間滝

ツール・ド・新城   コスモスの小路     桜再生プロジェクト

新城ラリー        のんすけ        梅の里川売

 

さて、共通点はわかりましたか? 続きを読む

外国で家族の伝統を守る: Turkey Dinnerの巻

外国にいながら、multiculturalな自分の子どもたちのために、できる限り自分の国・自分が育った家族の伝統を守りたいものです。その際、flexibility がキーワードになります。

我が家でもっとも日本の生活に適合させて毎年楽しみにしている伝統は、Turkey Dayです。アメリカでは、ほとんどどの家族も、毎年最低2回、家族によっては3回、親戚大勢で集まって、七面鳥を食べます。11月第4木曜日に行われるThanksgiving(感謝祭)には七面鳥が不可欠です。そしてクリスマスのお祝いの時に七面鳥を食べる家もほとんどだと思います。また、復活祭(イースター)に食べる家族もいます。(私の実家ではイースターはハムですが、これは家族によって異なると思います。)

11月の終わり、そして12月の終わりの2回。しかもポイントは、ただ七面鳥を食べるのではなく、大勢で楽しみながら食べることです。このようなお祝いをフレキシブルに守るために、我が家では毎年Turkey Dayをしています。 続きを読む

拍手を取り戻せ!

英語教室のクリスマス会。各クラスでWhat Child Is This?というクリスマスキャロルと、We Wish You a Merry Christmasを歌っていた生徒たち。難しい英語のキャロルを一生懸命覚えて、「お母さんたちが見ているから、絶対に写真とかビデオを撮っているから、しっかり覚えてね!」と、促されながら歌えるようになりました。

Christmas 2015

クリスマス会当日、案の定、写真とかビデオを撮っていた保護者たちは8割ぐらい。カメラを構えていなかったのは、生徒のきょうだいぐらいでした。

けれども、最後の最後のクリスマス会では、不思議なことが起こりました。 続きを読む